fc2ブログ
2016年02月08日 (月) | 編集 |
唐突な話ですが、私、相貌失認症です。
病院で診断が出た訳ではありません。
でも、まず間違いなく出るはず。

数年前、俳優のブラッド・ピットがこの病気であることをカミングアウトして、一瞬話題になりました。

相貌失認症とは、一言で言うと、人の顔を見分けられない病気。
顔を覚えられない病気と言ってもいいかもしれません。
この病気が深刻になると、人の顔とじゃがいもの見分けが付かなくなると言われています。

私はまだそこまでのレベルではありません。
そして、生命に危険が生じるような病気でもありません。
でも、この病気、生きていくには本当に不便なんです・・・。
例えば、
・映画を観ていて、ストーリーが追えなくなる(誰が誰だか分からなくなる)。
・会社に新人が入っても顔を覚えられない。
・得意先の顔を覚えられない。
・同じ学校や社内でも、たまにしか会わない人の顔をいつまでも覚えられない。
といった事が起きます。

私の場合、家族と買い物に行くのが怖いです。
ちょっと離れてそれぞれが違う売り場に行くと、自分からは探し出せない(笑)。
探す手がかりは、服装。
これしかない。
顔も、大体のイメージは分かるんですが、絶対ではない。
だから途中で上着を脱がれてしまったりすると、もう分からない。

この病気、本当に孤独なんですよ。
何故なら、周囲が理解してくれない。

思い切って誰かに打ち明けるでしょ?
答えは100%同じ。
「でも、僕(私)の事はさすがに分かりますよね?」

・・・ごめん、実は分からない事がある。
とは言いにくい。
だって、この話を打ち明ける時点で、かなり親しい間柄のはずだから。
だから、あなたの事も実は分からないと言ってしまったら人間関係に傷が付く。

何で記事にしようかと思ったかと言えば、ひょっとしたら、同じ悩みを抱えている人と話が出来るかなー?と(笑)。

でも、どんなに話が出来る人が集まっても、オフ会は出来ません。
だって、お互いが分からないから(笑)。

ちなみに、相貌失認症は人口の2%くらいはいるそうですよ。


にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト




2015年07月28日 (火) | 編集 |
ダイエットも糖尿病の対策も、緩い糖質制限が一番という結論が自分の中ではっきりしていただけに、「おにぎりダイエット」という言葉を見た時は驚きました。
なんじゃそりゃ?
炭水化物の塊を食べて痩せる訳無いじゃん?
・・・と。

しかも、その記事には、毎食のご飯をおにぎりに置き換えると良いとかしか書いて無い。
その理由・根拠は一切書いて無かったんです。
ご飯を茶碗で食べようがおにぎりで食べようが一緒じゃん?
何言ってるの?
って感じ。

最近、糖質制限をやたら否定したがる人もいるし、その極端な例かなと思ったんですけどね。
一応、調べてみました。

そしたら、炭水化物は冷やすと消化されにくくなり、血糖値の上昇も抑えられると言うじゃありませんか!
・・・知らなかった。
正直、知らんかった・・・。

知らなかった方は「レジスタントスターチ」で今すぐ検索(笑)。
ま、テレビでも取り上げられてるみたいなのでご存知の方も多いかもしれませんが。

このレジスタントスターチ、色んな種類があるらしいですが、ご飯などを一度加熱して冷やす過程でも生成されるのだそう。
一度冷やすだけで、ご飯の一部が消化されにくい物質に変わるのなら、糖質制限をしている方でも少しは主食を頂けるわけですね。

ま、もともと私は完全な糖質制限はリスクがあると考えている人なので、これならむしろ、おにぎりダイエットを推奨したいくらいです。

勿論、食べ過ぎたら元も子も無いと思いますので、おにぎりだからと言って油断して食べ過ぎないように!

ということは、去年の夏は控えていた冷やし中華とかも行ける・・・のか??
ちょっと人体実験してみます。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村






2014年07月08日 (火) | 編集 |
糖質制限をすると血糖値は良好に保たれるしダイエットも進みます。
ただし、いい事ばかりでもなく、ダイエットが進みすぎてしまう?という問題点もあります。
ダイエットが進み過ぎたらいいんじゃ?って思うかもしれませんが、筋肉が痩せてしまうと基礎代謝が落ちてしまうんです。

基礎代謝というのは、安静な、何もしていない状態で消費する基礎的なカロリーのこと。
これが落ちてしまうと、普段消費するカロリーが減るわけですから、当然リバウンドしやすい身体になってしまう訳です。
また、糖尿的にも、血糖を消費する筋肉が減るわけですから、結果的には血糖値が上がりやすくなるという自己矛盾を抱えてしまうわけですね。

糖尿病の治療には、ウォーキングなどの有酸素運動が推奨されます。
でも、ウォーキング程度の有酸素運動は、実行している間の血糖値は下がりますが、筋肉量が増える訳ではありません。
つまり、毎食後必ず歩かないと意味が無いということに・・・。

正直、そんなのは無理です。
それなら、そもそもの筋肉量を減らさないように、出来れば増やすようにした方がいいと思うんですよね。
かと言って、週に何度もジムに通うような根性はありません。
っていうか、そんなものがあったら私、糖尿病なんかになってませんって(笑)。

じゃあどうするかと言えば、日常生活の運動強度を上げるんです。
ベタですが、エレベーターを使わずに階段を使うとか、駅まで早足で歩くとか。
ちょっとした時間に股割り、四股踏みをするのもおすすめ。
あとは、以前紹介したバランスを取りながら乗っかるやつ。
【ポイント10倍】La.VIE バランスファイター

【ポイント10倍】La.VIE バランスファイター
価格:2,680円(税込、送料別)


これ、意外にもちゃんと続いています。
なんたって、これに乗っかってテレビを観るだけですから。
こんなんで筋トレになるの?って最初は懐疑的でしたが、ちゃんとインナーマッスルが鍛えられる模様。

ダイエットをする人こそ、筋肉はつけるべき。
でも、マッチョが嫌という人は、インナーマッスルを鍛えるしか無いです。
筋肉が落ちて基礎代謝が半分になってしまったら、食事のカロリーを半分にしてもダイエットにはならない。
つまりリバウンドの運命しか待っていない訳ですから。

ブログランキング・にほんブログ村へ








2014年06月30日 (月) | 編集 |
糖尿病を自分なりにコントロールし始めて1年ちょっと。
個人的には、ほぼこれで大丈夫だろうと思える生活習慣を確立し、血糖コントロールも良好に出来ているので、正直、新しい発見というかネタがあんまりありません。


ただ、テレビや雑誌を見ていると、未だに滅茶苦茶な内容を情報発信しているケースがあるのが気になります。

一番気になるのが、糖質制限礼賛記事。
糖質制限なら、糖質さえ控えれば、他のものは何を食べてもいい、おなかいっぱい食べてもいい、という紹介の仕方を結構見かけます。

私も糖質制限によって血糖値が劇的に改善し、体重も3ヶ月で10kg以上落ちてダイエットにも成功したので、糖質制限自体は賛成ですし、このやり方を開発?発明?した方には心から感謝しています。

でもですね。
だからといって、何でもかんでも盲目的に賞賛するのは問題があると思いますよ?
糖質制限自体、まだまだ歴史も浅く、本当のメリットデメリットが確立されている訳では無いはず。
それなのに、糖質制限を賞賛する人は、まるで魔法のやり方であるかのように盲目的に賞賛する。
ま、これは、糖質制限反対派が盲目的に否定するからというのも大きいんだと思いますが・・・。


私は何度でも書きます。
糖質制限は、糖尿病の治療や予防には非常に効果的な方法だと思います。
特に、境界型糖尿病に対しては、もう、特効薬と言っていいと思います。
でも、だからといってデメリットが無い訳ではないです。


糖質制限を進める時に絶対に気をつけて頂きたいのは、
1.塩分過多になりがち。
2.(動物性)タンパク質の過剰摂取になりがち。
の2点だと、現段階では思っています。

主食をカットする=おかず中心の食事、です。
どうしたって、塩分の摂取は増えてしまいます。
ご飯の代わりに冷奴や納豆に醤油掛けて食べたら、その分の塩分は確実に増えます。

また、糖質さえカットすれば焼き肉だってお腹いっぱい食べていいんだという記事を良く目にします。
・・・いいわけ無いじゃないですか(笑)。

私は医者では無いので、はっきり言って根拠は無いです。
根拠の無い素人の戯言です。
でも、動物性蛋白質を無制限に大量摂取したり、塩分を大量に摂る事が人体に良く無いということ位はわかります。
・・・・直感の話ですけど。

毎日毎日肉でお腹いっぱいにしていたら、絶対に違う病気になりますって。

糖尿病を改善しても、高血圧になったら意味無いでしょ?


何度でも言います。
糖質制限は効果的。
でも、万能じゃ無い。

肉食べ放題でもいいとか、常識的・感覚的に考えて不自然な事は、慎重に進めてみましょう。

あ、あと、糖質制限が人類本来の食生活だとする説をたまに見かけます。
太古の昔、稲作が無かった頃は、人類は炭水化物=糖質なんて摂っていなかったんだ、とする説。

これについては、「だから何?」と言わせて頂きます。

稲作をして、炭水化物を摂取するようになって、人類の寿命は伸びたでしょ?
食生活が改善したから(それだけが原因では勿論無いけれど)寿命が伸びたんでしょ?
医療の進歩などが大きな要因としてあるにしても。
だから、糖質制限が本来の食事だからそれに戻すべきというのは、あまりにも乱暴極まりない意見ではないかと思います。

みんな、人の身体だと思って適当な記事を書きすぎ(笑)。


私も素人だし、思い込みも強いかと思いますが、いち糖尿患者として、自分で実践して感じた事を情報発信して行きたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ




2014年03月03日 (月) | 編集 |
こんにちは。
先日、糖質制限で寝たきりになる人が増えているという週刊現代の記事を教えて頂きました。

その理由は、糖質制限をすることで筋肉量が減ったり骨粗しょう症を引き起こすから、だとか。
糖質を減らせば、糖質を必要とする人体は、自らの筋肉を分解・消化して行ってしまう。
かといって、その分のエネルギーをタンパク質から摂取しようとしたら大量の肉を毎日食べ続けないといけない、と。


私の過去の記事を見ていただくと分かりますが、糖質制限をすると筋肉量が落ちるというのは私自身も実感していること。
恐らく、糖質制限を実際にやってみれば、週刊誌にわざわざ教えて貰うまでもなく、みんな感じる事では無いでしょうか。
だからこそ、私は緩い糖質制限とインナーマッスル・トレーニングを推奨しているわけです。


毎度毎度思うのですが、肯定派も否定派も、極端なんですよね。
極論同士言い合って何が面白いのか。


私は糖質制限を推奨します。
そこには何のぶれもありません。
しかし、糖質制限原理主義には否定的という懐疑的です。
糖質制限原理主義というのは、焼き肉のたれやハンバーグのソースすら許さないという厳格な糖質制限を指します(私の勝手な定義)。


逆に、糖質制限をしながら必要なタンパク質を摂取するためには毎日何キロもの肉を食べないといけないという、糖質制限否定派の言い方にも歪んだ悪意を感じます。
何でタンパク質=肉、なのよ?
ま、雑誌で無責任に「糖質制限ダイエットなら肉はいくら食べてもいい」みたいな事を本気で書いている人がいますから仕方が無いのかもしれませんが・・・。


自分にあった糖質量は、体重の増減を見ていれば分かって来ると思いますよ?
私は糖質制限で体重が15kg前後減り、血糖値も落ち着きました。
しかし、そこから過度に体重が落ちる訳でもなく、筋肉量もそこそこ維持しています。
糖質制限をして体重が落ちたからといって喜んでいるだけではダメです。
筋肉量が減れば基礎代謝も落ち、逆にリバウンドしやすい身体になってしまいます。

まずは糖質制限をしっかりやって体重や血糖値を落とし、後は緩い糖質制限とインナーマッスルトレーニングで筋肉量を維持する。
これがベストだと思いますよ?

ブログランキング・にほんブログ村へ




EVA style VISA CARD


20130611_A8_リクルートカード(VISA)